ハイドロキノンを化粧水に混ぜるってあり?リベシィホワイトにはどう?

ハイドロキノン,化粧水,混ぜる

美白を目指す人にとって、一度は使ってみたいのがハイドロキノン。
多くの美容化粧品の成分に使われているだけでなく、美容皮膚科クリニックなどでも処方されている美白成分だけあって効果も大きいと言われています。

 

そんなハイドロキノンを日々のスキンケアに使っている化粧水に混ぜて使うことはできるのでしょうか?
気になってしらべてみました!

 

ハイドロキノンは化粧水に混ぜて使えます

ハイドロキノン,化粧水,混ぜる

結論から言うと、ハイドロキノンは、市販の化粧水に混ぜて利用することも可能です。
美白コスメマニアの一部の間では、手作り化粧水としても人気があります。

 

ハイドロキノンを混ぜる理由には、刺激の大きいハイドロキノンをできるだけ肌に刺激を少なくするために化粧水に混ぜる人が多いようですね。
つまり、クッションの役割を化粧水に持たせることと、また、経済面を考えて長く使い続けるためのものが挙げられます。
薄くするという点では安全性が確保されていますので、肌トラブルを起こしにくい方法になります。

 

ハイドロキノン化粧水の注意点

ハイドロキノン,化粧水,混ぜる

ただ、ハイドロキノンを化粧水に混ぜるにあたっては注意点があります。

 

ハイドロキノンが成分として配合されている化粧品の多くは、2パーセントまでに抑えられています。
それ以上になりますと、医師の指導のもとで利用する必要があります。
すなわち、最初の作り方としては、化粧水に対して2パーセント以下の混ぜ合わせ方にとどめておきます。
それでも刺激を感じるようでしたら、かなり薄くする必要があります。

 

ハイドロキノンの効き目があらわれはじめると、一時的に肌に赤みが伴うことがあります。あ
わてて、濃度を薄くするのではなく、まずは暫く肌を休めて様子をみることが大切です。

 

塗布する際には、シミなどの美白をおこないたい部分に限定して使うことが、余計な赤みを作らないためのコツになります。
混ぜ合わせることに手間をを感じたら、はじめに化粧水をつけて、その上からハイドロキノンを肌の上で混ぜる方法もあります。
この場合も、あとからつけるハイドロキノンの量を調整する必要があります。

 

リベシィホワイトにハイドロキノンは混ぜてもOK?

ちなみにリベシィホワイトにハイドロキノンを混ぜて使うことはあまりオススメしません
もちろん、混ぜて使用することは出来ますが、せっかくのリベシィホワイトの美白成分がうまく作用しない場合があります。

 

リベシィホワイトはハイドロキノンは入っていませんが、アスコルビン酸2-グルコシド(ビタミンC誘導体)とグリチルリチン酸2Kなどの美白成分が入っています。
ハイドロキノンと違い、肌に優しい美白成分なので、ぜひその良さを実感してみてくださいね。

 

リベシィホワイトについて>>